当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

七ヶ所まいり 三ヵ所目 四国霊場第73番札所 出釈迦寺 四国プチお遍路

今回は、七ヶ所まいりの三か所目
「四国霊場第73番札所 出釈迦寺」に行ってみます。
ひとつ前の曼荼羅寺から車で一分かかりませんwww
歩いても5分もあれば出釈迦寺に着きます♪
もちろん、車でも行けます。
駐車場は有料で200円です。
お寺の前に駐車場があるのでそれほど歩く事もないですね。
入り口から参道とお寺方面の景色は良かったですよ♪

七ヶ所まいり 三ヵ所目 四国霊場第73番札所 出釈迦寺 四国プチお遍路

ちょっと坂道の参道を歩きお寺の門の手前には干支のお守り本尊がずらりと並びます。

七ヶ所まいり 三ヵ所目 四国霊場第73番札所 出釈迦寺 四国プチお遍路

そして、お寺の門に到着♪

七ヶ所まいり 三ヵ所目 四国霊場第73番札所 出釈迦寺 四国プチお遍路

まずは本堂と、大師堂に参詣します。
御本尊: 釈迦如来です。
本堂横に、乗ると足腰が良くなる。
と言う、台に上がって私も腰が悪いので台に乗って手を合わせてきました!

七ヶ所まいり 三ヵ所目 四国霊場第73番札所 出釈迦寺 四国プチお遍路

この日は月に一度満月の時だけ授与お守りがありました。
「瑞気」と言うらしい、月に一度のお守りのようですよ♪
出釈迦寺の歴史や由来がすごいんです。
弘法大師が“真魚”と呼ばれていた7歳の時の事。
我拝師山に登り「私は将来仏門に入り、仏の教えを広めて多くの人を救いたい、私の願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ。もし叶わぬのなら一命を捨ててこの身を諸仏に捧げる」と、断崖絶壁から身を投じたとか。
身を投じたその後、紫色の雲が湧き、釈迦如来と羽衣をまとった天女が舞い降り、雲の中で弘法大師を抱きとめました。
この場所は「捨身ヶ嶽禅定」といわれ元は札所でしたが今は奥の院として、出釈迦寺から50分ほど山を登った所にあるそうです。
そこで、拝むとすばらしい記憶力が得られ、学業成就や物忘れにご利益があるといわれているそうですよ。
弘法大師が身を投じたと言う場所は、出釈迦寺から50分ほど山を登った所にあるようで、そこは断崖絶壁の場所のようです。
今では、瀬戸内や讃岐平野が見れる絶景な場所のようでもあります。
今度、行ってみようかと思います( ̄ー ̄)ニヤリ
出釈迦寺で祀られている七福神は「恵比寿」様です♪
ニコニコ笑顔がいい恵比寿様。
いろんな場所をなでなでしてきましたwww

七ヶ所まいり 三ヵ所目 四国霊場第73番札所 出釈迦寺 四国プチお遍路

最後は納経所で、今回の七ヶ所まいりの七福神御影を頂きます。(200円)
駐車場料金も納経所で支払いましょう♪(駐車場料金200円)でした。
次は第74番札所甲山寺(こうやまじ)に向かいます!

七ヶ所まいり 三ヵ所目 四国霊場第73番札所 出釈迦寺 四国プチお遍路

香川県の観光スポットの事ならコチラ:楽天トラベル

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場はコチラ

楽天会員様限定の高ポイント還元サービス「楽天スーパーDEAL」


*施設情報*
名称: 第73番札所 出釈迦寺(しゅっしゃかじ)
所在地: 〒765-0061 香川県善通寺市吉原町1091
電話: 0877-63-0073
駐車場: あり(無料)※普通車30台、大型車5台(駐車場が広くなりました)
宗派: 真言宗御室派
本尊: 釈迦如来
開基: 弘法大師
創建: 奈良後期〜平安時代前期
真言: のうまく さんまんだ ぼだなん ばく

<アクセス>